【簡単】外国ETFを自動で引き落とす手順を5つのステップで紹介〜SBI証券〜

貯蓄

老後が不安、仕事がつらいから早くリタイアしたい、などの理由で投資を考えている人は多くいるのではないでしょうか。

私もその中のひとりです。

ただ、計画的に毎月コツコツ積立をするのが苦手な私は、便利なサービスがないかを探していたところ、SBI証券で「銀行引落サービス」という便利なサービ

スを見つけました。

これは、SBI証券口座に自分で金額を入金しなくても、毎月決まった金額を自動で引き落としてくれるサービスです。

投資信託に関しては本サービスを利用できていたのですが、他の商品に関してどうやってやるのかがずっとわからずにいました。

が、

今回やっと見つけられたので、記事として紹介します。

意外と簡単な方法でできました。

この記事を読むことで、外国株式、ETF購入時の自動積立方法がわかるようになりますので、ぜひ最後まで御覧ください。

銀行引落サービスとは?

簡単に説明します。知っている方は飛ばしてください。

投信積立の買付代金、およびお客さまの任意で設定いただいている金額を、お客さまご指定の銀行口座から毎月自動的に引落して入金ができるサービスです。
証券総合口座へのご入金の手間を省き、ご設定いただいている月々の投信積立を滞りなく続けていただくことができます。

sbi証券HPより引用

そもそも銀行引落サービスを利用していない方は下記リンクから設定してください。

ここは画面に沿って進んでいけば難しくないと思います。

SBI証券|株・FX・投資信託・確定拠出年金・NISA
投資するならSBI証券。株、FX、投資信託、米国&#2...

外国ETFは銀行引落サービスで定期購入できる?

結論から言うと、繰り返しになりますが、購入できます。

ただし、円貨決済に限ります。

投資信託に関しては、商品を選べば自動的に引落金額が変わりますが、外国ETFなどのそれ以外の商品に関しては設定の変更が必要です。

最初に設定してしまえば、投資信託商品のように手軽に積立することが可能ですので、その手順を実際の画面を使用して5つの手順で
説明します。

5つの手順で外国ETFを簡単自動引落方法紹介

まずはログインしてくださいね。ここは手順には含んでいませんので、ログインした上で下の5つの手順を行ってください。

1.「口座管理」を選択します。

2,「お客様情報 設定・変更」を選択します。

3,「お取引関連・口座情報」を選択します。

4.少し下にスクロールして「銀行引落サービス」の「確認・変更」を選択します。

5.「追加引落金額設定」の欄を「設定する」を選択し金額を設定する

ここの金額設定は、投資信託で積み立てている以外の商品の金額の合計を入れてください。

これで設定は以上です。

ここの追加引落金額設定を行ったことで、SBI証券口座に指定した金額が振り込まれ、その口座から外国ETFを購入できる仕組みです。

一度設定してしまえば、あとは放置しているだけで勝手に積立をしてくれます。

まとめ

銀行引落サービスは、老後資金などで資産運用を考えて長期投資を行うにはすごく便利なサービスです。

自動で引き落としてくれるので、確実な積立が可能で、お金が無くなる前に積立することが可能です。

だらしのない自分でも年間100万円は大きな労力をかけずに積立することができているので、おすすめです。

もし設定でわからなければコメントもらえれば追加説明させていだきます。

以上です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。